スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れ物袋

唐突ですが、、、、
歳を重ねて、自分自身にがっかりすることが多くなってきました!!
同年代の友人にその話をすると「そうそう、私も同じ!!」なんて返事が反ってきてちょっぴり安心?!?

「どうして、あんなこと云ってしまったのかなぁ〜」も、その一つですし、もっと日常的には、探し物をする頻度が多くなってきました。

他でも使う用途があるので、ついついキリム織の模様の練習に使っている丸棒 打ち込み様の小さな物差 竹のペーパーナイフやフォークなどを、あっちに置いたりこっちに置いたり。
毎回、木枠を前にしての探し物タイム、、、なんとかしたいなぁ〜  なんとかしなくては!!!

そんな悩みを解決しようとキリム織の練習を兼ねて道具袋を作る事にしました。

今、下げ紐を織り始めています。
久しぶりの腰帯機で調子が出てくるまでに時間が掛かってしまいましたが、少しづつ身体の一部になり、やっと経にテンションが掛る様になってきました。
  
木枠や腰帯機で指やスティクを使っての原始的な方法の織りは、同じ模様を織っても打ち込み具合や糸の張り方で個性が出るのでとても楽しく、夢中になって時間を忘れてしまいそうになります。

ちなみに、、、機という字は腰帯機を表す象形文字だそうですよ。


kilim.jpg

さて、、 道具袋ができたら、私の探し物時間は減るのでしょうか??
関連記事

Comment

| | 2016.05.26 10:17
このコメントは管理者の承認待ちです
Comment Form
公開設定

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
使って心地よいもの、いつまでも使っていたいもの。。。。
そんな物作りを目指して楽しんでいます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。