スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨウちゃんの宮城での活動報告

 3月11日、大震災のあった日、私は那覇の空港にいました。あるきんぐクラブのイベント「大人の修学旅行」で初めての宮古島を楽しんでの帰りです。羽田空港が閉鎖され、私たちが乗る予定だった飛行機は欠航となり一晩空港のロビーで過ごしました。 キャンセル待ちで翌日午後3時過ぎの便で羽田へ、 一緒にだった山の家の美津江さんが家に戻ったのは明くる日、午前2時過ぎだったとのことです。 そして竹内さんは美津恵さんと入れ違いに茨城県大洗海岸へ炊き出しのボランティアに出かけ、 一緒に宮古島に行っていたヨウちゃんも山の家へ戻るとすぐ東北へ。 今年度のあるきんぐクラブは支援活動からのスタートです。

山の家のブログにヨウちゃんの宮城での活動報告がアップされています。


 羊のユキちゃんのウールは、、、、公募展参加のメンバーの手で整えられカードかけが始まりました。 
作業場の窓の外には花芽の着いたコメポンブドウが見えています。 

ブドウ

関連記事
スポンサーサイト

毛刈りをしたウール、、使いましょう!!

 ウールを沢山まとったモコモコの羊達、、
毛刈りの後はお互いが認識できないのか??時々頭を付き合わせ力の優勢さを確認し合うユキとラン。羊達の世界は見た目も大事?? 

 刈り取られた原毛は、、丸太小屋の一階、使いやすくなったシャワー室で汚れを落とし。
毛刈り直後のユキとランの原毛は、しばらくお湯に浸けておくだけで泥汚れはほとんど落ちてしまいます。
後で聞いた話では、竹内さんもヨウちゃんもまだ改装後のシャワー室は使っていないとのこと、、 ユキちゃん、ランちゃんが一番乗りだった訳ですね!!!

ユキちゃんの未洗い部分の原毛はシュタイナー学校で教材として使われるそうです。
洗ったランちゃんは毛刈のイベントに参加したみんながし少づつ持ち帰りました。 何ができるかな??

 さてさて、シャワー室で洗ったユキちゃんの使い道は、、、、
なんと、”羊パレット2012”へ出展の作品の素材として使われます。 公募展参加のメンバーは、昨年山の家の毛刈りに参加した面々、ポンタさんから公募展のお知らせを頂くとアッという間に参加が決まり、製作に向けての話し合いも始まり、羊のオーナー藤原さんの協力もあってユキの原毛が素材として使われることになりました。

羊パレット


 そして、、我が家に持ち帰ったランちゃん、、、毛刈りに参加した方々と相談しながら使い道を考えているところです。 





関連記事

山の家で羊の毛刈り

 参加者の中で一番のおちびちゃんは3歳、、世代を超えて20人近くが集つまったあるきんぐクラブの春のイベント”羊の毛刈り”は今年も賑やかに行なわれました。他の参加者の皆さんより一足先に山の家入りしたウリちゃんと私、迎えに来てくれたヨウちゃんと沼田駅近くの公園に寄り道、、、満開の桜も楽しんできました。
標高が600m以上の所にあるきんクラブ周辺では、うっすらと色づいた桜の莟が開花まであと一歩、周りを囲む山々のうす緑色は次の季節を足踏みして待っているかの様に見えます。


ブログを書くたびに何度も何度も書いてしまうのですが、この毛刈りの季節、、山の家の周りでは春の気配も、初夏の日差しも、、、、そして冬の寒さまで感じる事があります。今年はそんな季節をもっともっと楽む時間を増やそうと、、、そして今回から毛刈りの中心となる洋ちゃんの予行演習に、、、と、前もって一頭分(ユキちゃん)の毛刈りを済ませる事にしました。

山の家の毛刈りはニュージーランドなどで見られるシェーラーが羊を抱え、数分で何頭もの毛刈りをするのとはちょっと違います。(私にはそれができなかったのですが、、) 昔、日本の農家の庭先でも行なわれていたという、チョキチョキ、シャキシャキとおじいちゃんやおばあちゃんがハサミでのんびり羊の毛を刈っていくそんな雰囲気のある毛刈りです。この日のおじいちゃん役は勿論ヨウちゃん、おばあちゃん役は美津江さんとうりちゃん、私が交代で、、


2011.jpg

明くる日、毛刈り当日の様子は山の家のブログを是非見て下さい。


毛刈りイベント後のお花見の様子もご覧になってくださいね。
シダレザクラにおいしいお弁当、ぽかぽか日差しの中でのお昼寝、、、とても気持ちの良い一日でした。

関連記事

羊の毛刈り 

 いきなりですが、、、、、

あるきんぐクラブ山の家の羊達。昨日の〈森が好き〉タケの日記より、毛刈り前のランとユキです。

明日からあるきんぐクラブ山の家へ行って来ます。
羊の毛刈りは”桜の咲く頃”と言われていますが、
川場村の今年の季節はどのくらい進んでいるのでしょう?
毛刈り当日、東京より春の訪れの遅い山の家では、雪がちらつく日もありました。
また、シダレザクラ満開の下での毛刈り、、半袖にならなくてはいられない初夏
の様な日差しの中で、、、その時々の季節を楽しみながら、、決して器用とは言
えない羊の毛刈りを、参加して下さる皆さんと一緒に20年近く続けてきました。

クラブの毛刈りはイベントの中で行なわれています。
一人ではできなかった事がいつの間にか形になってきて、不思議な思いがあります。

羊のママは昨年2月に天国へ、、、私の羊はいなくなりましたが、
今年もまた毛刈りに行ってきます。

さて、毛刈り後のランとユキは、、、、、帰宅後また報告しますね。


あるきんぐクラブの 
”被災されたお子さんとその家族の受け入れに関しては” 
こちらをどうぞお読みください
関連記事

カード織

 先週の土曜日、蔵前にアトリエのあるサルビアさんでのワークショップ、カード織に参加してきました。
カード織は四角いカードの四隅に穴を開け糸を通し、カードを回転させながら織っていきます。
カーど織

せっかく作ったカード織、使い道をあれこれ考えて
季節外れではありますが、、、
我が家の看板娘(本当は不二家の看板娘です!!)
ペコちゃんの首に一巻き、、、

ぺこjpg


カード織を少し調べてみると、この織物の歴史はとても古く
エジプト王朝の古墳などから発掘された遺品の中にもあったそうです。

さてさて、、夕べは一雨あって、木々の芽吹きがいちだんと盛んに感じられます。
今朝はタケノコをおかかの出汁で煮て、サンショの葉をのせました。takenoko.jpg
関連記事

フレーム織で、、、

 二枚のフレーム織を、鎖編みで繋げ小さなバッグに仕上げました。
縮絨をしたらフンワリと、、暖かいです。
たくさん織って身に付ける物を作ってもいいですね!!
前回アップしたチェックは裏に使っています。

 fmini.jpg

フレーム織のお問い合わせはGRASS HEARTさんまでお願いいたします。



今、キウイの新芽がとても可愛いです。 

kiui.jpg

桜の花が風に舞ったと思ったら、
ブドウもミズナラも、、小さな庭の草木達が
一斉に春から初夏に向かって準備を始めています。
関連記事

フレーム織

GRASS HEARTさんのブログでフレーム織のワークショップのお知らせを見つけ先週の土曜日お邪魔して来ました。
プラスティク製の枠に糸を渡し15㌢程の織布を作るのですが、私にはこれがなかなか手強くて、、、、
特にかぎ針を使ってのチェーン止めには苦戦しました。

”何て不器用なんだろう私の手”なんて思いながらも、何故だか楽しい!!
単純だけど、広がりがありそう、、、 色、素材、組み合わせ、、、、
子供達と一緒に作っても楽しいかもしれない、、、

などなど、、あれこれ考えながらいつの間にか、10枚が目織り上がりました。

フレーム



あるきんぐクラブの 
”被災されたお子さんとその家族の受け入れに関しては” 
こちらをどうぞお読みください
関連記事

種まき

 こぼれ種から芽を出したスミレ、、小さな花が咲きました。
カモミール、、隣の鉢に落ちた種が芽を出し、しっかりとした茎に成長しています。
まだ余りに小さくて分らないのですが、、、アカネかな?? 楽しみです。
気がつかないうちに、小さな株になっていたわすれな草、、、急いで日向に出しました。


今日は くるでーはっとさんから送っていただいた蓼藍、赤茎小千本の種の種も播きました。


藍の
関連記事
最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
使って心地よいもの、いつまでも使っていたいもの。。。。
そんな物作りを目指して楽しんでいます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。