スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みだれあみ

お隣から蔓を延ばし秋には綺麗な紅葉を見せてくれたツタ
何処にでもくっついて、時には少々やっかいな植物なのですが、
その蔓を刈り取ってカゴを編んでみました。
自己流で、ただからませ編んだのですが、本を読んでみると
この様な編み方を”みだれ編み”と言うそうです。
確かに!!! 納得!! 多いに暴れみだれています。

窓のすぐ脇に巣作りにやってくるハトの方が上手???
そんな感想もチラホラ聞こえてきますが、、、


turuのかごjpg

ハトは布巾とお茶碗はのせないワッ!!


かご茶碗
関連記事
スポンサーサイト

もう一枚、試し織

 本格的な寒さの到来ですね!! 

私は相変わらずの試し織を続けています。
ヤギ(マンクスのミックス、羊の名前です)が残っていたのでそれを使ってみました。
合わせたのはカワラタケで染めたウール。
今回は少し打ち込みを緩くしてみました。縮絨後はどんな風合いになるでしょうか??

ヤギもママも持ち合わせていたウールは柔らかくマット向きではないかもしれません。


試し織 ヤギ カワラタケ
関連記事

手紡ぎの糸を使って、、

まだまだミニマットの試し織が続いています。

今回は羊のママ(ひつじの名前)を手紡ぎし、山の家の周りにある植物
クルミ、アカネ、カワラタケなどで染めた糸を使ってみました。

ママはコリデール×チェビオット

細めに紡いだ糸を3本引き揃えて緯に使いました。
マット用には少し柔らかくカチッとした感触はないようです。

クルミ×白はコントラストがはっきりして模様がクッキリと浮き出ます。
カワラタケ×白はホンワカと柔らかく、少しフェルト化させても
良いかなと思いました。


mini matkawaratake

機が毎日動く様になり、活気が戻ってきました。
関連記事
最新記事
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
使って心地よいもの、いつまでも使っていたいもの。。。。
そんな物作りを目指して楽しんでいます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。