スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再び山の家へ

どなたかにお会いすると必ずと言ってよいほど「寒いですねぇ」と挨拶を交わしていた4月。さぁ、明日からは5月、、、植木鉢の植物達も足踏みしていた分勢いを付け、ここ二日程の間で2㎝も3㎝も茎を延ばしている様にみえます。 寒さを心配した山の家の羊達の毛刈も、、、先週の日曜日、無事済ませてきました。今年も山の家ではお客さんを巻き込んでの賑やかな毛刈りです。 毎年参加して下さるTさんのハサミさばきにはウットリ、細かい部分も羊の肌にハサミをピツタリとつけてシャキシャキと、、、、お見事です!!!!
4月から山の家の職員となった洋ちゃんも毛刈りに挑戦、柔道の技を生かし??羊の抱え込み。 羊のユキちゃん安心した様子で身体を洋ちゃんにゆだねていました。 

今日からウール洗いもはじめました。 私が今年洗うのは羊のラン一頭分です。
部位に分け少づつ洗っていきます。 

毛刈りの様子はあるきんぐクラブのブログ〈森が好き)タケの日記で見て下さいね。
関連記事
スポンサーサイト

ギャラリー蔵での展示がはじまりました

先週の土曜日、ギャラリー蔵での展示準備のため山の家へ行ってきました。
朝早く東京でも雪まじりの冷たい雨、”川場村はきっと寒いはず”と冬のコートを着込んで出かけました。
沼田駅からバスで30分程、、途中までバスの乗客は私一人、観光バスのように沼田、川場村の案内をしてもらいました。
ちょっぴりお得な気分、、、かな?? 運転手さんの話では午前中地面を覆っていたとのこと。その雪も午後は町中では道路の片隅に残っているだけでしたが、その日の山の家の周りではこんな様子が見られたそうです。

kura2.jpg

ギャラリー蔵は県道から山の家へ向かう道の途中、宮田果樹園の中にあります。 宮田さんのお宅では古くなり傷んだこの土蔵を保存するか、怖そうかと考えられた結果、今では見る事も少なくなった土蔵を改装しギャラりーとして写真や絵画の展示の場として解放されているそうです。


蔵入り口2

蔵の入り口

takesan2.jpg

蔵の壁に貼られたタケさんの写真はサマーキャンプや合宿、クラブのイベントなどで見せる子供達の自然な表情がとても印象的です。   何かにのめり込めるって子供の特権なのでしょうか??

他には尾瀬や夕焼けの写真もあります。

楽しいタイトルの着いたこんな写真も、、、
takesan3.jpg

お名前は以前からよくうかがっていた劔持さんにも初めてお会いしました。
とても繊細な物を作られる方で、ちょっと意外!!???
劔持さん、洋ちゃん、阿部は今回友情出展という事で展示をしています。

kennmochisan.jpg


あるきんぐクラブの未来を背負った??洋ちゃんの写真!!!
”にんまり”できる写真、ありますよぉ~~~
DSCF175youchan.jpg


羊と手仕事の展示スペース
abe1.jpg

プロフィールには
あるきんぐクラブ山の家で飼われている羊達のウールを使って物作りを楽しんでいます。 初めて飼った羊は川場村で生まれた顔の黒い羊、サホーク種でした。20年以上も前、自主保育(駒沢おひさま会)という子育ての場で出会った保育者の竹内さんと羊の会のメンバーは竹内さん一家が川場村に「あるキングクラブ」の活動の拠点を移したのを機に手探りの羊の会を始めました。
毎年毛刈りをしてウールを洗い、スピンドルや紡毛機を使って糸にします。
できた糸は織機に掛けて布を作るのですが、時には一年掛りの物も、、、できあがりが遥か遠くに見え隠れする事も度々です。素材から作り始める物作りは少々今の時代には追いつけない部分もあるのですが、自分のスタイルになんとなく合っているように思います。展示には山の家の周りの植物で染めた糸、ナチュラルな羊の色の糸を並べて見ました。見て頂けると、とても嬉しいです。 と書きました。

私が作った糸だけでなく、豊岡伸子さんを講師に招きイベントで作った大きなフェルトのマット、キャンプで子供達と一緒につくった小さなフェルトマット、一番最初に飼った羊の思い出のセーター(編んだのは会のメンバー土屋さん)なども展示しています。




関連記事

<森が好き>タケの仕事と写真展のお知らせ

<森が好き> タケの仕事と写真展
― 子どもと自然…そして尾瀬 ―

が群馬県川場村のギャラリー蔵で開催されます。

詳しくは、<森が好き>タケの日記 を見てくださいね。
関連記事
最新記事
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
使って心地よいもの、いつまでも使っていたいもの。。。。
そんな物作りを目指して楽しんでいます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。