スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間はかかるのですが、、、

ミニマットの次にもっと小さなマットを織りました。
一年に2回程あるきんぐクラブ山の家のプログラム
周りの植物で糸を染めたり、、、、
糸を紡いだり、織物の道具を手作りしたり、、、織ったり
参加して下さる皆さんと一緒に手作りや手仕事を楽しんでいます。

今回10月24日、25日のプログラムは
”手作りの小さな機や卓上織機を使って糸から布を作リ出す”がテーマです。
 
日常でも、綜絖や踏木が付いた高機という便利な織機があるにも関わらず、
時々手作りの機やフレームに糸を掛けてみたくなります。
便利な紡毛機を使わずにスピンドルでクルクルと、
のんびりのんびり、、、糸を紡ぎたくなります。  
そんな時間が大切に思えるのは、シンプルな道具で作る小さな布から
山の家で飼われいる羊たちママやランやユキの暖かさが手の中に伝わって
くるからでしょうか??

簡易織機で

写真は経にチェビオットの双糸、しっかりとした糸を使っています。
緯の茶色はヤギ(羊の名前)、ベージュの部分はキノコで染めたママ(これも羊の名前)です。

下の方に半分ぐらい見えているミニマットの茶色い部分は(桜、、銅媒染)、、で染めた原毛(誰だったかしら??)
青い糸は藍の生葉で染めた糸(多分??チェポ、、羊の名前です) を使っています。 

それにしても、、、山の家の歴代羊達、、ちょと変な名前ね!!




関連記事
スポンサーサイト
最新記事
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

HIRO

Author:HIRO
使って心地よいもの、いつまでも使っていたいもの。。。。
そんな物作りを目指して楽しんでいます。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。